事業戦略としての Team KSK

組織の中心であり、
競争力の源泉。

――事業戦略としての「Team KSK」

高い技術を安定的に供給できる。

「Team KSK」はKSKのスローガン。KSKでは、5~10名の少数精鋭でプロジェクトに取り組んでいます。このチーム制を導入した2003年以来、KSKは、リーマンショック、震災などがあったものの安定した成長を続けています。

チーム制には、数々のメリットがあります。例えば、ビジネス環境の変化や技術革新に即応できる体制を、柔軟につくるこが可能です。
また、チームでは、一人ひとりが個性や得意を発揮しつつ、スキル・ノウハウを共有、助け合いながら目標・ビジョンの達成を目指します。これにより、技術・スキルをチーム全体で向上させつつ、高い技術を安定的にお客様に提供できます。

社員にとっての「ホーム」。

何より、チームで業務を行うことで、社員は、モチベーションを維持しながら成長できます。

お客様先で勤務することも多いKSKの社員にとっては、メンバーと本音で付き合えるチームは「ホーム」。さらに、新人や若手にとっては、先輩から社会人としての基礎や実践的な知識を得る場であり、経験を積んだメンバーには、互いに切磋琢磨、刺激し合いながらスキルアップする場です。

「人間力」という競争力が養われる。

少人数のチームには、個人の成果・貢献が見えやすいという特徴もあります。また、活動や運営はメンバーに任せられ、年次に関わらず発言の機会が与えられます。そのため、自然に責任感や役割意識を醸成、コミュニケーションスキル・リーダーシップなどを身に付けていきます。

現代は、製品・技術の平準化が進み、企業が技術力のみで競合他社と差をつけるのは困難。そのため、技術力に加えてチーム制によって培った「人間力」を併せ持つKSKの技術者は、高い競争力を持つことになります。
つまり、チームは、KSKの組織の中心でありとともに、競争力の源泉でもあるのです。

  • リクナビ2017
  • エントリー
    リクナビへのエントリーはこちら
  • セミナーエントリー
    会社説明会のエントリーはこちら
  • 資料請求
    パンフレットや説明会情報をご郵送させて頂きます
  • プレエントリー
    転職に興味をお持ちの方へ募集情報をご案内します
  • エントリー
    今後のキャリアをKSKで築いていきたい方は、コチラ!
ページの先頭へ
Copyright ©1996-2017 KSK. Co., Ltd. All rights reserved.